top_1
bt12 top14         top_8 sougi top_07 top_06 top_05 top_04 top_03 top_02 top15 top_02
shiki
syak jiga

仏国寺の写経絵は、お電話による事前申し込みにより、随時執り行います。

書写する経典は日蓮宗が拠り所とする法華経の中から如来寿量品。第十六「自我偈 」を使用します。

ご案内  
【冥加料】

2,500円

【携行品】

すべてお寺でご用意いたしております。

【参加資格】

どなたでもご参加いただけます。

写経会の流れ  
 

住職が入堂し法要を行います。法要と講話が終わりましたら写経に入ります。

 

清浄な心で、字を間違えたり、曲がらないよう注意して、丁寧にお書きください。
誤字の場合は、その字の右横に○を付け、その行の上の余白に、正しい字を書いてください。

 

お経が始まります。読経の最中に書き終わった半紙を各自ご仏前にお供えしていただきます。
半紙の向きを変えて(仏様の方に向くように)三方の上に置きます。
お焼香を一回だけしてください。

 

法要が終わりましたら、住職によるお話と簡単な茶菓による接待がございます。

 
kaigatext